これからの太陽光発電

メリットもデメリットもある、太陽光発電。設置の前に太陽光発電システムについて知っておこう!

RSS 2.0

太陽光発電システムの寿命

家族用の太陽光発電システムの寿命が、まだわからないので最終的に得かどうかはわかりませんが、原油の高騰で石油が値上がりしても、そういう影響を受けにくくなるとか、災害時で停電しても日中だけでも電気半製品が使えるとかメリットはありますね。

ちなみに太陽電池は、稼働開始後に特性が落ちた後は、大方特性は変わらないそうです。

で、半導体なので、焼き切れるとか、物理的に破壊されない限りは、しなしなと機能し続けるようです。

問題はパワーコンディショナーというシステムや、売電用のメーターですね。

これらは消耗品が使われているので、10年くらいで交換が不要になるらしいです。

あと製造にかかるエネルギーを作るするエネルギーで回収する幅が、現在の電池では2年くらいという資料もありました。

その資料の通りなら、二年以上使えば、雰囲気対策にもなります。

私も同じ企業で家を新築しシャープの太陽光発電を載せています。

うちの場合ダイワハウスの担当者が設計や見積もりを出した後シャープから搭載について変更指示が出ていたのでそういった見極め作業中なのかもしれません。

メーカーでもうちの雰囲気を見極めし図面を見て設計しなおしたそうで最終回答が来るまで2週間くらいかかったと記憶しています。

またすでに竣工済みとのことですからどういう工法を取れば家に負担がかからないか、壁の穴あけ位置や配線など設計担当の方は色々あると思います。(アフターサービス代も含めた住宅価格ですから)

もし、建てる敷地の周りに高い建物が多くて、日差しが遮られるようなら、太陽光発電システムのメリットが活かせない場合があります。

そのあたりも、注意された方が良いかと思います。

OFF

Categories: 機器の話

admin